MENU

柏の歯科(歯医者)英デンタルクリニック,一般歯科(虫歯・歯周病治療等)や在宅訪問歯科治療を行なっています。

痛い治療は嫌だ

痛い治療は嫌だ~できるだけ痛みの少ない治療

「昔、歯医者で歯の治療をするときの痛い思い出がトラウマになっている」
年齢が上であればあるほど、そのような経験をお持ちの方が多いようです。

老若男女問わず、歯の治療の痛みはできるだけ避けたいものです。
麻酔をすれば、痛みをほぼ感じずに治療が出来るのですが、「麻酔の注射が痛いのが嫌だ」という患者様のお話をよくうかがいます。

大丈夫です、当院では麻酔の注射も痛みの少ない方法で行っています。
注射が痛くないとはどういう仕組みなのでしょうか?

無痛麻酔の特徴

1.表面麻酔

無痛治療を行うために、麻酔を打つ部分に「表面麻酔薬」を塗り、麻酔をします。
「表面麻酔」が針を刺す際のチクッという痛みを防ぎます。

2.麻酔薬を適温に温める

麻酔薬が冷たいと、それを痛みとして捉えてしまいます。
当院では、麻酔液を最も痛みを感じにくい37度に温めています。

3.細い針を使用する

当院では無痛治療を行うために31~33Gという最も細いサイズの注射針を使用しています。
細ければ細いほど痛みを感じづらくなります。
例として、蚊に刺されたときの痛み分からない感じです。

4.電動麻酔注射器

注入速度と圧力が制御できる電動麻酔注射器の使うので、麻酔液が入るときの痛みをほぼ除去出来ます。
手の圧だと痛みを感じますが、ゆっくりして一定の速度だったら痛みを感じづらくなります。

痛みが不安な方は、遠慮なくお伝えてください

歯医者さんが敬遠される最も大きな理由は、その「痛み」です。
歯の構造は同じでも、神経の通り方や痛みの感じ方は人それぞれです。

予防歯科で通っているお子さんの方が、歯医者さんに対して付き添いしている大人よりも抵抗感ない場合もあります。
大人の方がむしろ昔の嫌だった治療が尾を引きずって、歯医者さんの敷居が高いことがままあるのです。

「『痛いことが怖い』なんて恥ずかしい」
「むし歯がいっぱいあって、これでは歯医者さんに診せるのに憚られる」
当院には優しいスタッフがおります。
電話の予約、来院時にも優しく接します。
心配なさらず、ご相談ください。

なお、今の虫歯の治療は麻酔を適切すればほとんど痛みを感じませんので、どうぞご安心ください。

医院診療情報

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:30

休診

水・日・祝

© HIDE DENTAL CLINIC All rights reserved.

電話はこちら

インターネット予約