MENU

柏の歯科(歯医者)英デンタルクリニック,一般歯科(虫歯・歯周病治療等)や在宅訪問歯科治療を行なっています。

お知らせ

歯周病治療の流れについて

歯周病はサイレントディジーズと無症状で進行するためにそのように言われており気がついた時には末期で抜歯を余儀なくされる場合も少なくありません。そして歯周病は成人の約8割の人が罹患しているとも言われています。また歯周病は歯を失う原因になるばかりではなく様々な全身疾患に悪影響を及ぼすということもわかってきており人生100歳時代を健康的に過ごすために歯周病対策は急務となっております。ここでは当院で行なっている歯周病治療の流れについて下記にご説明いたします。

初回

パノラマレントゲンを撮影しお口全体の歯槽骨の状態を全体的に大まかに把握します。そして歯周ポケット検査、歯茎からの出血、歯の動揺度、歯垢の付着状況などの歯周病検査を行なった上で歯石をおおまかに除去していきます。(一回でとりきれない場合は数回に分けてとることもあります)

歯周ポケット検査
初回のスケーリング

二回目 

施術後の効果判定するために2回目の歯周病検査を行います。そして歯茎が引き締まって新たに表に出てきた歯石と歯茎の中に隠れている歯石を丁寧に除去していきます。(一回でとりきれない場合は数回に分けてとることもあります)

歯茎に隠れている歯石を除去

三回目 

再度、歯周病検査を行い、これまでの施術の効果判定をして歯周病の症状が安定的になってきたのを確認できたらSPT(歯周病安定期治療)に入ります。ペースは3ヶ月に一回程度の割合(歯周病が重度の方は1ヶ月に一回)でメンテナンスを継続していきます。

四回目以降

SPT(歯周病安定期治療)に入ったら毎回歯周病検査を行い歯周病が安定的に維持されていることを確認しながらPMTC(歯科衛生士による専門的なクリーニング)を継続していきます。3ヶ月毎にクリーニングしているので硬い歯石にはなっておらず痛みやストレスなくむしろ気持ち良い施術を受けられます。

PMTC (歯科衛生士による専門的クリーニング)

以上が歯周病治療のおおまかな流れです。患者さんの歯周病の進行状況によって多少前後しますがこのような手順で進めていき歯周病の進行をくい止めていきます。歯周病で歯を失うと美味しいものを食べられない。会話しづらいなどの健康的な不具合だけでなく全身の健康にも悪い影響を及ぼす結果となります。歯周病のケアはご自身で行うホームケアと歯科医院で行うプロフェッショナルケアが両輪となってはじめて成功します。まだ予防歯科を始めていないという方も歯科医院で定期的にメンテナンスしていくことを強くおすすめします。一生、自分の歯で噛みたいという方はお気軽に当院までご連絡ください。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。

医院診療情報

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:30

休診

水・日・祝

© HIDE DENTAL CLINIC All rights reserved.

電話はこちら

インターネット予約