MENU

柏の歯科(歯医者)英デンタルクリニック,一般歯科(虫歯・歯周病治療等)や在宅訪問歯科治療を行なっています。

被せ物を白くしたい

被せ物を白くしたい

「前歯の色が変色しているのが気になる」
歯の色が気になって口を開けて笑えないのはとてももったいない!です。
見た目だけでなく、機能面でもよくする治療方法があります。

「入れ替えるにしても、どんな素材なのかしら?」
白い歯の素材は、多くあります。
どんなものがいいのか?は経験豊富な当院の院長にお任せください。
また、ジルコニアもイーマックスも本物が見れますので、ぜひ医院にお越しください。

審美的歯科治療とは

審美的歯科治療とは、美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療分野のことです。
歯は機能面も大事ですが、笑った時にどう見えるか?などの審美的な側面も大事です。

当院ではメタルフリーをおススメしております。

メタルフリー治療とは?

保険治療で主に使用されている「銀の詰め物・かぶせ物(金銀パラジウム合金)」は非常に使い勝手の良い金属として長い間歯科治療に用いられてきました。
しかし、金属アレルギー(皮膚症状・脱毛など)や歯ぐきの黒ずみ、見た目の問題など様々な問題点もあります。

日本ではまだ馴染みのない「メタルフリー治療」ですが、世界的には急速に浸透しています。当院では、患者様の健康を第一に考え、体にやさしい「メタルフリー治療」をおススメしています。

メタルフリー治療の主な特徴

  • 自費治療(保険が適用されない)である
  • 金属アレルギー(皮膚症状・脱毛など)がない
  • 天然歯に近い硬さなので、噛み合わせの歯に負担をかけない
  • 歯ぐきの黒ずみがない
  • 口を大きく開けても詰め物が気にならない

メタルフリー治療に用いるe-max(イーマックス)をおススメする「理由」

  • オールセラミッククラウンである
  • メタルボンドに比べ、4倍の強度
  • 透明度も高く、審美性がよい
  • ブラックマージンやアレルギーの心配がない

こんな風になります

「実際に治したらどうなるのかしら?」
このように変わります。

当院施術例1

前歯部左部分1~3番の変色部分を審美的に治療した症例:e-maxによる治療

1.年齢:45歳
2.主訴:前歯、特に左側の色の変色が激しいので綺麗にしてもらいたい
3.診断:抜髄後の変色によるものでセラミック(メタルボンド)にて修復
4.期間:2〜3ヶ月
5.料金:352,000円(税込)
6.事前に知ってもらいたい事:オールセラミックに比べメタルボンドの場合透明性が劣る
7.主なリスク、副作用に関する事項:元々、交差咬合のため歯並びを含めた審美性の回復に限界がある
※治療の効果には個人差があります。

当院施術例2

前歯部「1番-1番」が欠けた部分を審美的に治療した症例:e-maxによる治療

1.年齢:32歳
2.主訴:右上前歯をぶつけて欠けた。
3.診断:欠けた箇所は小さいがぶつけた衝撃で歯髄炎を起こしており抜髄後にセラミックで修復
4.期間:2ヶ月
5.料金:110,000円(税込)
6.事前に知ってもらいたい事:ジルコニアに比べて強度がやや弱い
7.主なリスク、副作用:抜髄の必要性
※治療の効果には個人差があります。

当院施術例3

前歯部右上1番が歯牙破折 / 右上2番が変色:e-maxによる施術例

1.年齢:35歳
2.主訴:右上前歯の歯牙破折(しがはせつ)と色の変色
3.診断:無髄歯の破折と抜髄後の変色があるため支台を構築後、2回のオフィスホワイトニングを行い最終的にセラミックで修復
4.期間:2ヶ月
5.料金:220,000円(税込)(2本)
6.事前に知ってもらいたい事:ジルコニアに比べ強度がやや弱い。
7.主なリスク、副作用に関する事項:破折した歯は残存部分が少なかった為強度に難有り。

当院施術例4

エナメルボンディングシステムによる治療例

1.年齢:28歳
2.主訴:前歯の隙間をなんとかしたい
3.診断:セラミックでの修復は歯に対するダメージが大きいため最少限の処置で最大の効果をあげられるようダイレクトボンディングによる修復を行う。
4.期間:1回
5.料金:44,000円(税込)
6.事前に知ってもらいたい事:詰め物がとれる可能性がある
7.主なリスク、副作用に関する事項:少し歯を削る必要がある
※治療の効果には個人差があります。

審美的歯科治療の副作用

  • 1.金属の詰め物、被せ物に比べて強度を付与するため歯を削る量が多くなることがあります。
  • 2.事前に神経の処置が必要となることがあります。
  • 3.強度が金属に比べて弱いため咬み合わせ・歯ぎしりの強い方は破折する可能性があります。

様々な治療方法

取り扱える素材をご紹介します。

治療方法による違いとその特徴

クラウン(前歯) 糸切り歯より前

種類写真特徴
ジルコニア
(メタルフリー)
材質:セラミック
見た目:白
特徴:
見た目に一番自然の歯に近く、歯先に透明感があり、変色もしません。強度があり、擦り減ってくる事がありません。今までのセラミックより強度があります。
eマックス
(メタルフリー)
材質:ニケイ酸、リチウム、ガラスセラミック
見た目:白
特徴:
見た目に一番自然の歯に近く全体的に透明感があり変色がありません。メタルフリーのため金属アレルギーの心配もありません。
メタルボンド冠材質:白金+金 セラミック
見た目:全部(又は見える所だけ)白
特徴:
ジルコニア・eマックスに比べると透明度は落ちますがセラミックなので変色の心配がありません。但し、金属を使用しているため金属アレルギーの心配があります。
レジン前装鋳造冠材質:銀合金
見た目:見える所だけ白
特徴:
見える部分は白くできますが、微妙な色の再現は出来ず、自然な感じの透明感が出せません。また多孔性で水分・唾液を吸収するので、半年で変色(黄色っぽく)し、においを発生します。強度が弱く噛み方によっては破折したり、すりへって金属が見えてくる場合があります。金属使用の為金属アレルギーの心配があります。
ファイバーコア材質:グラスファイバー
見た目:白
特徴:
グラスファイバーは弾性が、本来の歯に近い硬さにつくられていますので、残った根元の歯に負担がありません。メタルフリー(金属を使用しない)なのでオールセラミック冠と合わせると高い審美性を発揮します。エステニア・エンジェル冠の土台として使用。

クラウン(奥歯) 第一小臼歯以後

種類写真特徴
ジルコニア
(メタルフリー)
材質:セラミック
見た目:白
特徴:
見た目に一番自然の歯に近く、歯先に透明感があり、変色もしません。強度があり、擦り減ってくる事がありません。今までのセラミックより強度があります。
eマックス
(メタルフリー)
材質:ニケイ酸、リチウム、ガラスセラミック
見た目:白
特徴:
見た目に一番自然の歯に近く全体的に透明感があり変色がありません。メタルフリーのため金属アレルギーの心配もありません。
メタルボンド冠材質:白金+金 セラミック
見た目:全部(又は見える所だけ)白
特徴:
セラミックなので、透明感があり変色がありません。
保険銀合金材質:銀合金
見た目:銀色
特徴:
一般的によく使われる素材で、保険が適用できるのが利点です。ただし、金属が硬く対面歯が痛む危険性があったり、金属アレルギーが出ることもあります。また、ゴールドに比べて、変色もしやすく、徐々に黒ずんできます。

インレー

種類写真特徴
eマックスインレー
(メタルフリー)
材質:ニケイ酸、リチウム、ガラスセラミック
見た目:白
特徴:
見た目に一番自然の歯に近く全体的に透明感があり変色がありません。メタルフリーのため金属アレルギーの心配もありません。
保険銀合金材質:
見た目:銀色
特徴:
一般的に良く使われる素材で。保険が適用できるのが利点です。ただし、金属が硬く対面歯が痛む危険性があったり、金属アレルギーが出ることがあります。

銀歯に悩まされるのはもう終わり

一昔前の虫歯治療は、銀色の詰め物をするのがスタンダードでした。
また、虫歯が進行した場合は銀色の被せ物、いわゆる「銀歯」にするしかありませんでした。

しかし最近は、セラミック製のインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)が開発され、より本物の歯に近い色や質感になるよう再現が出来るようになっています。
虫歯になってしまったら歯の審美性は諦めなければならない、という時代はもう終わったのです。

当院では、より本物の歯に近い素材を使用した治療を行っております。
当院の歯科医師は、詰め物被せ物の治療の経験が豊富ですので、見た目と金額を踏まえて最適なご提案いたします。
院長インタビューをご覧いただけると幸いです。
→院長インタビュー

歯の詰め物や銀歯にお悩みの方は、ぜひ一度当院にご相談ください。

医院診療情報

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:30

休診

水・日・祝

© HIDE DENTAL CLINIC All rights reserved.

電話はこちら

インターネット予約