MENU

柏の歯科(歯医者)英デンタルクリニック,一般歯科(虫歯・歯周病治療等)や在宅訪問歯科治療を行なっています。

お知らせ

人生100歳時代を健康で幸せに暮らすために今から本気の歯周病予防を始めませんか?

歯周病は歯を失う原因になるばかりでなく糖尿病をはじめとする全身疾患に深く関与していることが最近の研究でわかってきています。人生100歳時代を健康で幸せに暮らしていくために歯周病対策を若いうちからしっかりと行うことが急務になっているのです。成人の約8割が歯周病にかかっていると言われていますが、あなたは歯周病対策はできていますか?歯周病を予防するためにはお家での歯磨きに加え歯科医院で定期的に予防処置を受ける必要があります。

まずは歯周病とはどんな原因で進行し、どのような症状があるのかを解説したいと思います。

歯磨きをあまりしない、または歯磨きが不充分だったりするとプラークという細菌のかたまりが歯周ポケット内にたまってきます。そしてこのプラーク中の細菌が繁殖して毒素を出すことで周りの歯肉や歯槽骨に炎症を起きるようになります。これが歯周病の原因です。

初期症状は歯茎が赤くなったりする程度で自覚症状らしきものはほとんどありません。しかし進行するとともに次第に歯茎が赤くブヨブヨとした感じになって出血や排膿するようになってきます。そして炎症がもっとひどくなると腫れてきて痛みを伴うようになってきます。膿がたまると口臭の原因にもなってきます。このような状態が慢性的になると歯槽骨が溶けてきてだんだん歯を支えきれなくなり歯がグラグラしてくるため硬いものが噛みづらくなってしまいには歯が抜けてしまいます。

歯周病の原因は歯垢だけでなく歯垢が石灰化した歯石もその原因になってきます。歯垢は歯磨きである程度落とせますが歯石は専門の器具を用いて除去しなければならないため歯医者さんでのクリーニングが必須となります。

また歯周病の進行には局所的要因としての歯垢、歯石の他に全身的要因としてのストレスや喫煙などの生活習慣や、糖尿病などによって免疫機能が落ちてくるなど複合的な要因でさらに進行しやすくなります。

これらのひとつひとつの要因を排除していくことこそが歯周病予防につながります。まだ予防歯科で歯医者さんに行くという習慣をお持ちでない方も今からでも遅くはありませんので是非お気軽にお問い合わせ下さい。

医療法人社団マハロ会理事長でアンチエイジングの専門医として東京、千葉、埼玉に大規模歯科クリニックを5医院運営、法人理念は「予防歯科を通じて国民の健康と幸福に寄与する」ことをスローガンとし「歯を健康にしてアンチエイジングを手に入れる方法「歯科革命3.0」など予防に関する書籍を執筆、現在は一般社団法人日中友好予防歯科協会理事長として中国での予防歯科の普及にも尽力している。

医院診療情報

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:30

休診

水・日・祝

© HIDE DENTAL CLINIC All rights reserved.

電話はこちら

インターネット予約